SOLUTIONS

炎上プロジェクト再生

システム開発は出来上がりの商品を売るケースと違い、クライアントと開発会社が意思疎通をしながら作り上げていくものです。

進むべきゴールが明確になっていてとりあえず完成に漕ぎ着けられる場合は問題ないのですが、プロジェクトを進める過程でいくつかのボタンをかけ違えてしまい完成が見えなくなる状態、すなわち「炎上プロジェクト」となるケースも少なくありません。

炎上状態になってしまうとお互いの信頼はすでに存在しておらず、同じ枠組みの中で解決するのは既に難しいと言えます。

解決しなければその後は法廷での戦いとなり、システムは完成されずにビジネスは停滞し、更に時間と費用をかけてお互いの主張をする不毛な争いとなります。

マベリカは多くの開発案件をマネジメントしてきた経験を活かし、炎上が疑わしい時点でいち早く介入し、システムを完成させてビジネスへの影響を最小限に留めるお手伝いを致します。

プロジェクト再生3ステップ

1.破綻した原因の把握

分析チームを派遣

プロジェクトの問題点を洗い出す為に分析チームを派遣します。プロジェクトの問題点を最小限の日数で洗い出し、プロジェクトオーナーにレポートを提出いたします。

2.プロジェクト再構築

スコープの再定義

分析チームが割り出した炎上要因を元に、発注会社と開発会社の納得する妥協点を提案し、プロジェクトスコープを再定義します。妥協点が見いだせない場合はマベリカがプロジェクトを引き継ぎます。

3.プロジェクト支援

PMO設置

炎上リスクにさらされたプロジェクトや再始動したプロジェクトに対して、PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)の設置や人の派遣を行い、プロジェクト推進のサポートを致します。

マベリカにすべてお任せください!

CONTACT

お名前(必須)
会社名(必須)
メールアドレス(必須)(半角125文字以内)
(確認用)
電話番号(必須) - - (半角数字)
お問い合わせ内容
表示されている文字を入力して下さい

個人情報保護方針

  1. 当社は、社員に対する教育啓発活動を実施するほか、個人情報を取り扱う部門ごとに管理責任者を置き、個人情報の適切な管理に努めます。
  2. 当社は、必要かつ適切なセキュリティ対策を講じることにより、当社の取り扱う個人データの漏えい、滅失またはき損の防止その他の個人データの安全管理に努めます。
  3. 当社は、あらかじめ本人の同意のある場合、または法令で許容されている場合を除き、通知もしくは公表した利用目的、または取得の状況から明らかな利用目的の達成に必要な範囲内で個人情報を利用いたします。
  4. 当社は、あらかじめ本人の同意のある場合、または法令で許容されている場合を除き、当社の業務の委託先および当社の関連業務の承継先以外の第三者には個人データを提供いたしません。
  5. 当社は、当社の取り扱う個人データを第三者に提供する場合は、特段の事情のない限り、契約による義務付けの方法により、その第三者からの漏えい・再提供の防止などを図ります。
  6. 当社は、保有個人データの確認、訂正などを希望される場合は、合理的な範囲で対応いたします。あらかじめお知らせした当社対応窓口までお申し出下さい。
  7. 当社は、個人情報の保護に関係する日本の法令その他の規範を遵守するとともに、当社の個人情報保護に関する体制や制度を継続的に見直し、その改善に努めます。

SOLUTIONS